今すぐ10万円借りたい すぐにお金が必要な時に見て欲しい!
お金がなくて家賃が払えない

お金がなくて家賃が払えない

色々な理由があると思いますが、「家賃が払えない。」
そんな方が増加しているという不動産管理会社や大家さんの声を聞いた事があります。

家賃の支払いの遅れは、その家賃収入で生活している大家さんにとっても大変重要な問題です。
大家さんも借主からの家賃収入でその建物の支払いをしたりしています。
家賃を滞納されると 死活問題です。
契約で決められた日に支払うことは決まっていますのできちんと守らなければいけません。

理由を大家さんや管理会社に相談する

もしも会社の給料日が20〆だったのが30日に変わってしまったとか後日すぐに収入が入る予定があるが今支払いが困難であるなら大家さんに相談しましょう。実際相談せずお金を支払いできるのが一番で、相談すること自体が嫌な思いをさせてしまう一要因ではありますが連絡のない家賃滞納は一番印象が悪いです。

大家さんの情に訴えるかけることで、人間と人間の話ができたら快く了承してくれる可能性は高いです。人気エリアの物件で入居者に困っていない場合はその時点で出てって下さいという可能性もありえるのと、管理会社判断で大家さんに今の入居者は追いだしたほうが良い。という可能性もあり得るでしょう。

でも、滞納するよりかは相談がマシってことは覚えておいてください。

滞納すると保証人の父や姉に迷惑がかかる

家賃が払えない時、大家さん以外の人にも迷惑がかかります。

相談もせずついに家賃が払えませんでした。こうなると不動産管理会社が保証人に連絡が行きます。家を借りるときに保証人になってくれた方は父や姉など親族の方になってもらうことがほとんどでしょう。最近では保障会社になってもらう人も増えてはいますが、身内に迷惑をかけたくないから家賃を滞納する事はあり得ないという力が多少なりとも働いていると思います。

連絡がいき、身内の方はどう思うでしょうか。普通はご迷惑をおかけしましたとすぐに滞納した家賃を用立てしあなたに連絡をすると思います。 そうなるのも嫌ですが、結果的に不動産屋からいきなりお宅の息子さんが家賃を滞納しておりまして・・・なんて電話がかかってきたら新手の詐欺か?とかいろんな詮索というか妄想が始まってしまいますよね。

なら、ピンチになったら滞納する前に保証人になっている人に家の家賃が払えないから貸してほしいと頼んだほうがましではないでしょうか。

後日お金の目途が立つなら借金をして家賃を支払う

お金が入ってくる予定があるなどで支払う目途、予定があるなら、保証人や友人に事情を相談し頼んでお金を借りるか、キャッシングで一時的に凌ぐ方法があります。

友人や人間関係ができあがっている人とのお金のトラブルは避けたいのならキャッシングが一番の方法だと思います。

給料日迄に返済すればいいわけですから30日間無利息のキャッシング会社を使えば利息がつかないのもメリットです。友達に借りた場合お礼に何かご飯などを奢るなど礼を重んじる文化が私たちにはありますからね。お金が無いのにそんなことできればしたくないでしょうし、下手をすると人間関係が壊れるので私個人的にも友人にお金を借りることだけはしたくないと思っています。

手続きが面倒ですが自治体などがやっている住宅支援給付制度を活用するというのも手です。しかし、今回の話ではおそらく緊急事態でしょうから無利息のキャッシングを活用するのが一番手っ取り早い方法だと思われます。

給料日までお金がないでも金利について書いたのですが、
1週間10万借りた時の利息は大体345円くらいです。
もしもお金が入ってくる予定がある場合はキャッシングを利用すると得な事もあります。

計画的に予定が立てられるのであればキャッシングは有効な手段と言えます。