今すぐ10万円借りたい すぐにお金が必要な時に見て欲しい!
消費者金融系と銀行系との違い~金利体型以外での相違点

消費者金融系と銀行系との違い~金利体型以外での相違点

キャッシング利用時、消費者金融系と銀行系のカードローンの違いはどこにあるのでしょうか?
今回は消費者金融系と銀行系との違いを、金利以外で幾つかの例を上げて調べて見たいと思います。

<保証会社の有無>

無個人の担保小口融資において、消費者金融系と銀行系の違いを見た時
その大きな相違点は、保証会社の存在があります。
殆どの銀行系のカードローンには、消費者金融系と違い保証会社というものが存在しているのです。

保証会社とは簡単に言って、特定の借主が銀行に対してきちんと返済する事を、
その銀行に対して保証する会社の事です。ですのである人が銀行にカードローンの申し込みに行って、審査が承諾になったと言っても実質的に融資の審査をして、承諾したのはこの保証会社です。
保証会社は最終的には、借主が返済不能となった時に銀行に対して、融資残高全額を保証します。
ですので銀行系のカードローンはこの保証会社が破綻しない限り、
貸倒の心配は一切する事が無いのです。

この保証会社は従来では、銀行が出資した系列会社を保証会社として使って行っていましたが、
最近では消費者金融系の会社が特定の銀行の保証会社となっているケースが増えています。
それも、地方の金融機関などで顕著です。つまり知名度も認知度も高い大手の消費者金融が、
ある地方の銀行や信用金庫のカードローンの保証会社になっている事が、
今では全く珍しい事ではなくなってきているのです。

そしてこの保証会社の有無が、銀行系と消費者金融系のカードローンの金利形態
大きな影響を及ぼす事になるのです。

<収入確認資料の有無>

消費者金融系に適用される貸金業法の中に、総量規制というものが存在します。
融資の審査をする際には、一定の金額の場合は収入確認資料を以って確認する事が、
その貸金業法で義務付けられているのです。
具体的には、ある人がある消費者金融系の会社に融資を申し込みに行った時、
その申し込み金額が50万円超の限度額の場合には申し込みを受けた消費者金融会社は、
必ず収入確認資料を以って確認しなけらばなりません。
又はその申し込み金額が50万円未満でも、その申し込み額と既に消費者金融系で利用している、
キャッシングの限度額の合計金額が100万円超であれば、やはり収入確認資料が必要になります。

収入確認資料とは、役場で取れる所得証明書や勤務先から貰う源泉徴収票等の事です。
ですので、消費者金融系に例えば60万円のカードローンの申し込みに行く場合は、
必ず収入証明書が必要になってくるのです。

これに対して銀行系のカードローンは、総量規制は適用されません。
ですのでどの位の金額のカードローンの申し込みに対して、収入確認資料を必要とするかどうかは
その銀行の全くの任意(=勝手に決めて良い事)です。
実際に100万円までのカードローンの申し込み迄は、
収入確認資料は不要としている銀行もありますし、
300万円まで不要としている銀行も存在するのです。

<貸出総額規制の有無>

貸金業法における総量規制の本質は、個人に対する消費者金融系の過剰融資の規制です。
一部の消費者金融系の融資は、過剰融資を生み出して様々な社会的な問題を発生させてきました。
総量規制とはこの反省から生まれた規制なのです。
1個人に対する消費者金融系のキャッシングの借入限度額は、
その個人の年収の1/3が上限となったのです。

具体的には、ある年収が300万円の人が、全ての消費者金融系から借入することが出来る、
無担保の融資資金の合計金額は100万円が限度という事になります。
これに対して銀行系は総量規制は適用されませんので、
年収300万円の人でも全ての金融機関からの合計金額が、
100万円を超えた融資でも受ける事が可能となるのです。
総量規制の対象となる借入金は、あくまでも消費者金融系からの借りれ無担保小口資金の事です
(一部対象外の融資もあります)。